【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2012/08/25

サマークラークを終えました

8月24日で2012年のサマークラークを終了しました。
いい人が参加してくれたと思います。期待はずれの人は1人もいませんでした。修習生指導とは違って、自分で採否を決めた人に来てもらうということですから、優秀な人が集まるのは当然のことなのかも知れませんが。
私のところのサマークラークは、大事務所とは異なり、セレクト情報の収集作業ということではなく、弁護士という職業の具体的イメージを持ってもらうことも視野に入れて実施したつもりですから、参加者もそれなりに満足していただいているようですし、就職活動に対する心構えなども徹底指導しましたので、他のサマクラではあり得ない知識を得られた方もおられるのではないかと思っています(なぜお金を払ってそんなことをしているのだろうと思ったこともありますが、これも何かの縁だと思っています。)。私にとっても、懸案の法律問題に関する資料や判例などをきれいに整理していただいたし、何よりも、意欲のある若い人との結びつきができたということで、大変有益なサマークラークでした。
ところで、研修生からの情報ですと、東京や大阪の大事務所では、サマークラークの結果を受けて、既に内定がでていると聞きましたが、私は、司法試験の結果もでていないごく一部の人達を、学歴やロースクールの成績で選別してサマークラークに呼び入れて、その結果だけで内定をだすということが理解できません。うちのような事務所では、人を採用するにあたっては、色々な人の意見を聞いて慎重に採用するかどうかを決めますから、修習も始まっていないような段階で、採用を決めるようなことは絶対にありません。
ただ、よく考えてみますと、東京や大阪の大事務所に入ろうと思えば、有名な大学をでて、実績のある法科大学院に入り、そこでいい成績を修めればよいということで、ある程度パターン化できることになりますから、就職としてはある意味簡単なところもあるということになります。そのことに比べると、東京大阪ではなく、各地にある一般的な弁護士事務所にノキ弁などでなく正規に採用されることの方が、数十倍も難しいという時代になってきたということなのかも知れません。弁護士の就職事情は、1年単位で大きく変化していますから、来期がどうなるかは正確には予想できませんが、修習生側だけでなく、弁護士事務所側も先を読んだ対応が求められる時代になってきたということだけは確かなことだろうと思っています。