【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2012/12/10

65期の就職状況は、過去最悪では?

今年も二回試験の発表時期=弁護士一括登録の時期が迫ってきました。
PINE’s Pageさんや、Schulze BLOGさんも紹介されていますが、どうも昨年と比較すると、一括登録を申し込んでいる人が20名ほど減っているということのようです。この数字は、さほど悪くないように思われる方もおられるかも知れません。しかし、Schulze BLOGさんも指摘されておりますように、この数字は、今年は、現行65期も新65期と一緒に二回試験を受けることになっているということを踏まえて考えねばなりません。法務省が公表しているデータによれば、新65期の修習生数は2,001名で、現行65期の数が73名、合計で2,074名ですが、前回の二回試験の不合格者が56名ですから、単純計算で2,130名ほどが二回試験を受験することになります。ただ、体調不良などで修習を終えることができなかった人や前回の二回試験を回避した人、前回の二回試験で三振して受験資格を喪失した人もいますから、正確な受験者数は、合格発表をみないとわかりません。ただ、昨年までは現行64期(下記のデータによると102名ですが、この現行64期の二回試験の際には、新63期の不合格者も受験していたことを考える必要があります。)は別に二回試験を受けていたことを考えると、新64期と比較して20名減っているということは、65期については、一括登録時点で法曹三者にならない人は、かなり増えることになるのだろうと思います。また、私がみる限り、新64期よりも、即独やノキ弁の増加があり、初任給の低下も進んでいるものと思います。そう考えると、65期の就職状況は、過去最悪で年々ひどくなる一方ということになります。修習生と身近に接する者としては、大変つらい数字です。現場の対応ではどうしようもできない状態にあることは、日弁連上層部にはきちんと理解してほしいと思います。
http://www.moj.go.jp/content/000084022.pdf