【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2012/12/14

自主廃業者の増加傾向は更に顕著に

 自由と正義の12月号が届きました。
 弁護士になってから廃業する人が増えているということについて、自由と正義2012年1月号から12月号までの請求退会者を整理した結果について、報告しておきます。
 自由と正義の2012年の1月号から12月号に掲載された請求退会者の合計は、登録番号が3万番以上の人が173名で、昨年の112名から61名増加しました。1万番から3万番未満の人が103名で昨年の101名から2名の増加、1万番未満の人が18名で昨年の16名から2名の増加、合計で294名で昨年の229名から65名の増加となりました。全体の増加率は、約28.4%ですが、3万番以上の方は約54.5%ですから、若い番号の方の退会が急増していることが統計上も、裏づけられたことになります。
 9月号の段階では、全体で300名を上回る勢いだったのですが、最終的には、300名には届かなかったものの、ほぼ300名に近い数字になっていますから、この傾向が落ち着く様子はありませんので、来年には、350名ほどが自主的に廃業するということになりそうです。
 もはや弁護士という職業は資格だけで暮らしが成り立つようなものではなくなったということになるのだろうと思います。近未来予想としては、不祥事に伴う退会命令などによる廃業者が統計的にデータがとれるようなことになるのではないかと心配しています。これまでは、年間数名でしたから、無視していましたが、その統計をするようなことにはならないことを祈ります。