【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2014/04/08

法学部人気の凋落について思うこと

昔は、文系というと法学部が人気でしたが、現在では、経済学部や文学部よりも人気がない学部ということになってしまったようです。原因は、司法試験合格者を市場のニーズを無視して急増させ、弁護士の就職難という社会問題を引き起こし、裁判官や検察官も含めた法律家の職業的魅力を著しく低下させてしまったことにあります。
先日、法学部の同窓会に参加させてもらう機会がありましたが、そこでは、法学部の責任者の方が、法学部人気の凋落を嘆きながら、法学部が法曹養成のための学部であるとの誤解を解く必要があるなどと言われていました。しかしながら、法律家になりたいという夢があるからこそ法学部を志望するという人がいるわけですから、法学部の人気回復のためには法律家の職業的魅力を回復させることを第一に考えるべきであって、法学部が法律家の養成だけをしているわけではありませんよと宣言するようなことでは、法学部人気の回復は期待できないように思います。責任者がこのようなことを言っているようでは、法学部はさらに凋落していくことになるのだろうと寂しい思いを持ちました。
また、法学部の人気凋落の最大の原因となっている感のあるのは法科大学院ですが、この法科大学院の関係者の中には、司法試験の合格者を増やすことが法科大学院の人気回復になるかのような考えを持っている人もまだ散見されるように思われます。しかし、これ以上合格者を増やせば、弁護士の就職難はさらに悪化しますから、逆効果を招くことは明らかです。私が見聞したアンケート結果によれば、ここ数年の法科大学院出身の弁護士の過半数はこの制度に疑問を持っていると回答しています。つまり法科大学院は卒業生から入学するのはやめとけと言われるような学校になってしまっているわけですから、そんな学校の人気が落ちていくのは当たり前です。そもそも資格をとるための学校なのに、資格を持っても職がないでは、何のために勉強したのかということになるのも当然です。資格をとったらいい仕事に就けるということにならない限り、資格取得のための学校の人気の回復は見込めないのです。
かくいう私は、法学部出身者として誇りを持っています。私の友人や先輩、後輩などを見渡しますと、法学部出身者は、色々なところで活躍していることがわかります。たとえ法律家にならなくても、公務員となって法の適正な執行を支えたり、新たな法律や条例などの策定や改正などに関わったり、企業に入って適正な取引を実現したり、コンプライアンスの徹底などに関わるなどして、各所で日本社会をリードする存在となっていたことは間違いないと思うのです。そのような法学部が凋落していくことは本当に残念なことだと思います。
ただ、法学部人気の凋落傾向は、法科大学院なるものが作られ、卒業生を輩出してから5年程度のことで出現しているわけですから、法科大学院を中核とした法曹養成制度を早急に見直せば、急回復することもあり得るのではないかと思います。ぜひそうなってほしいと思います。
法学部の学者の先生方の中には、そこで育った弁護士の成仏を祈っておられる方もおられるようですが、我々卒業生としては、法学部の人気回復を祈っているということは忘れないでほしいと思います。