【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2015/04/05

年度初めに弁護士から転職する人が増えた?

平成27年4月4日に60期以降の弁護士の人数をチェックしてみましたが、大きな変動がありました。年度替わりに転職された方が多かったのではないかと推察しています。
具体的には60期は3月末には2,056名いたのに2,044名と12名の減少、同じく61期は2,074名が2,071名と3名の減少、62期は2,058名が2,055名と3名の減少、63期は1,863名が1,859名と4名の減少、65期は1,859名が1,854名と5名の減少でした。合計で27名の減少となります。なお、64期は1,896名が1,898名と2名の増加、66期も1,787名が1,788名と1名増加、67期は1,665名が1,684名と19名の増加がありました。日弁連の検索システムでは、現行と新修習の区別ができませんので、両者を合わせた数字であることにはご注意ください。
なお、私の観測データでは、60期はピークと比べると50名の減少、61期は同じく51名、62期は同じく54名、63期は66名、64期は26名、65期は12名の減少となっています。私が弁護士人口の推移を観測し始めたのが、2012年の3月からなので、ピークの観測ができていない可能性もありますから、多少不正確な数字ではありますが、60期から63期にかけては、弁護士になってからも50名を超える数の人が弁護士ではなくなってしまっているということになります。しかも、少しずつ増えていることになります。なお、63期は弁護士になることができる人数が62期までと比べると少ない中、転職者が最も多くなっています。この統計的な現象は年々就職状況が悪くなっていったことと関連しているように思っています。