【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2015/08/19

弁護士人口の増加の地域的傾向の変化に関する続き

 前回のブログで、弁護士人口の増加の地域的変更に変化がでているということを書こうと思ったのは、長崎県弁護士会の石橋龍太郎先生に京都弁護士会でご講演いただいた際の話の中で長崎県の弁護士は減少しているという指摘を受けて、私が感じていた滋賀県での弁護士人口の増加の停滞と同じような傾向が全国で発生してきているのではないかという疑問が生じたためです。
 そこで、念のため、弁護士白書の最新版である2014年版のデータと、現在(平成27年8月19日)の弁護士数を比較してみましたが、別添のとおり、弁護士人口が減少した都道府県が、長崎だけでなく、秋田も減少していたことがわかりました。全く増えていない県は滋賀、山梨、徳島、和歌山、金沢、愛媛の6県でした。その他にもほとんど増加のない県もかなりの数になっていることがわかりました。やはり、弁護士の人口増加が停滞してきた地域が増えてきたと言えるように思います。増員が急激すぎて弊害が生じ、人口増加が停滞する地域が生じてきているのではないかと私は推察しています。
弁護士人口増加停滞地域.pdf