【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2009/10/05

一見さんお断り

京都では、よく一見さんお断りというところがありまして、弁護士事務所の中にもそう公言されているところもありますが、当事務所は一見さんお断りという対応はしていません。電話での相談申込や飛び込みの相談にも応じてはいます。
ただ、事務所としては、あまり宣伝もしていません。これは、事実上、宣伝などに頼らずに、口コミで仕事が広がっていて、今現在のお客様のお仕事をするだけで精一杯というところがあったためだろうと思います。宣伝広告に金をかけるよりは、困っている人のために費用を少なくして仕事をした方が世の中のためでもあるというような思い上がった気持ちがあったのかも知れません。結果的には、あまり宣伝をせずに常連客を中心としたお仕事をしているという点で、事実上一見さんお断りになっていたのかも知れません。
しかしながら、弁護士人口が急増している現状をみると、宣伝に力を入れる事務所が勝ち残る可能性が高まってきたように思います。宣伝をすることは、広く事務所を知ってもらうということなので、当事務所を知っていただける方が増える点でよいことなのだろうとは思います。ただ、宣伝をしようにも、今の当事務所の陣容では、仕事を処理しきれないということもありますから、広報・宣伝も今の陣容に見合ったものにするしかできません。
となりますと、当事務所としても、人材の確保に重点を置かざるを得ないということとなります。そこで、当事務所としても、サマークラークを実施したり、本年度も先んじて事務所訪問を募集したりしているのですが、残念ながら、当事務所が修習生にあまり知られていないためか、大事務所との競争では不利な立場に置かれていて、現在のところは、応募もほとんどないのが実情です。まさに一見さんお断りのような口コミに近い宣伝活動しかできない中、日弁連では、採用活動の自粛を求めていますので、日弁連などのHPを通じた公募も今の段階ではできないことも影響しているのかも知れません。マクロ的には、修習生の就職難ということがよく言われていて、私も、そのことはできるだけ情報発信しているわけですが、ミクロ的には小規模事務所の採用活動が困難な状況に置かれているというのは皮肉なものです。
そのような中でも積極的に声をかけてくれる採用希望者がおられることはうれしく思いますし、採否はともかく、将来は同業者になられる方ですから、一期一会として事務所訪問希望者の人格を尊重して丁寧に接していかなければならないと思っています。小規模事務所では、このような細かな採用活動をせざるを得ないというのが実情なんだろうと思います。しかし、そのような採用活動をしている事務所もあることを知る機会がない人の方が大多数を占めている中、大きな事務所に採用希望が集中して、書面審査の中で成績でふるい落とされて自信をなくしてゆく修習生が多くなっているということがあるようにも思えてきました。日本社会の中でも、もっとも厳しい競争格差社会が修習生や受験生の中に出現しているということを実感しています。
ただ、情報が限定されている中、人づてや口コミなどの数少ない情報を積極的に収集して自分の進路選択に生かす修習生もおられるのも事実ですし、そのような人は、その積極性や情報処理能力の高さからして、就職戦線を勝ち抜いてゆかれるのだろうなとも思います。そういう人が他の事務所と比較しても当事務所を選ぶようになってゆかないといけないと自戒しつつ、地道な採用活動を続けています。