【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2009/12/25

新62期の就職状況

新62期の就職に関するデータを整理してみました。
 新聞報道によると、新62期の合格者数は、1,992人です。
 このうち、弁護士として登録できる日の初日に登録した人は、1,694人です。これは、日弁連のHPの会員専用ページを利用して検索した結果によるものです。新62期の登録日直前の62期の数が317人でした。登録日の翌朝の確認では、2,011人に増えていましたから、初期登録人数は、2,011-317=1,694人となるわけです。
 次に、新聞報道によりますと、新62期から採用された裁判官は99人、検察官は、67人です。
 この結果、1,992-1,694-99-67=132人が、初期登録日に法曹にはならなかったということとなります。この数字は、私がチェックを始めてから、最高の数字になっていますが、合格者の中に占める比率としては6.6%となり、現行62期の14.4%と比べると少し改善されています。
 このようなデータの整理は、日弁連で本来行うべきことなのでしょうが、残念ながら、私しかやる人間がいないので、恒例として私が整理してみました。これまでのデータ整理でも指摘させていただいておりましたが、二回試験合格者のうち5%を超える人が法曹にはならないということはほぼ定着してしまったということがいえるようです。
 なお、今回の特徴としては、検察官の採用数が減少したことが挙げられます。新61期は73人の採用でしたが、現行62期が11人でしたので、年間84人となり、年間100人以上採用していた時期と比較すると、大きく減少したように思います。裁判官は、新61期が75人しか採用されなかったことと比較すると、採用数が増えて、採用数の抑制傾向が少し改善されたように思います。
二回試験合格直後に法曹にならなかった人の推移
   59期 27人    2.33%(合格者数1,158人)
現行60期 69人 4.94%(合格者数1,397人)
現行61期 33人 5.42%(合格者数609人)
新61期  88人 5.08%(合格者数1,731人)
現行62期 51人 14.4%(合格者数354人)
新62期 132人 6.6%(合格者数1,992人)