白浜の思いつき

    白浜法律事務所

« 2014年12月 | 白浜の思いつき | 2015年2月 »

  2015年1月

2015年01月02日

2015年の年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

新年早々、大雪でした。

思いついて、雪の金閣を撮影してきました。

IMGP4395.JPG

IMGP4402.JPG

IMGP4416.JPG

やはり雪は金閣でした。京都に住んで長いのですが、これは絶景でした。同じようなことを考えた人もいたようで、京都に住んでてよかったわという声がちらほら聞こえました。同感です。

ところで、私は、今年は、弁護士会の仕事に注力しようと考えています。もちろん、仕事も全力投球するつもりですし、クライアントにご迷惑をおかけするようなことはないように致します。昨年同様のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

2015年01月05日

今年の干支

今年は、未年ということですが、京都に羊をお祀りした神社がないかということで調べてみましたところ、神社ではなく、法輪寺というお寺があるということがわかったので、参拝してきました。

法輪寺は、嵐山渡月橋そばにあり、十三まいりのお寺として知られています。境内には、電電宮という電気電波関係業界の発展を祈願する鎮守社も祀られています。


天神さんのように、境内脇に、羊が祀られています。参拝される方がなでるためか、ツヤツヤしていました。

IMGP4440.JPG


狛犬も少し珍しい獅子です。

IMGP4444.JPG


片方は、牛だったりします。

IMGP4437.JPG


境内には、まだ雪が残っていました。

IMGP4445.JPG

2015年01月06日

67期の就職状況の補足

67期の就職状況というか、正確には弁護士としての就業状況(ノキ弁即独は就職とは言えないと思いますので)につきまして、65期や66期と比較してみました。

65期は、弁護士としての最大登録可能数は、下記により、1916名となります。

二回試験合格者2080名-裁判官92名-検察官72名

66期は、下記により、同じく1856名となります。

二回試験合格者2034名-裁判官96名-検察官82名

67期は、同じく1798名となります。

二回試験合格者1973名-裁判官101名-検察官74名


初期登録と翌1月年初の登録数を比較すると以下のとおりとなります。なお、年初の登録というのは、私の個人的観測で年初に大きく増えた日の登録数です。年末に手続は完了していて、1月年初から登録されることになる方をほぼ正確に把握しているものと考えています。相変わらずブログにタブ機能がないため、なぜか数字の位置がずれてしまうことはご容赦ください。


   初期登録  1月年初数
65期 1370   1552
66期 1286    1478
67期 1248   1367


上記に最大登録可能数との比率を加えてみると、以下の数字になります。

      初期登録       1月年初数
65期 1370(71.5%) 1552(81.0%)
66期 1286(69.3%) 1478(79.6%)
67期 1248(69.4%) 1367(76.0%)

合格者数の漸減により、初期登録数の減少傾向は踊り場局面に来ているようですが、1月年初登録数の悪化傾向には全く歯止めがかかっていないようです。

2015年01月13日

今年の干支2

京都で羊をお祀りしているところが他にもあるという情報を入手したので、お参りしてきました。

野仏庵というところで、一乗寺の詩仙堂のそばにあります。当日は、残念ながら、お休みでした。


これが全景です。

P1090029.JPG


少し近寄るとこんな感じです。

P1090028.JPG


狛犬ならぬ狛羊です。

P1090026.JPG


P1090027.JPG

2015年01月21日

京都弁護士会会長に就任することになりました

1月21日、京都弁護士会の役員選挙に立候補しましたところ、対立候補がありませんでしたので、4月1日より京都弁護士会会長に就任することとなりました。

私が今あるのは、弁護士会に所属して弁護士としての活動をさせていただくことができたからだと思っております。私は、業務推進委員会や法律相談センターや司法修習委員会など弁護士会の仕事を幅広くさせてもらっておりましたので、その経験を生かして、弁護士会や会員の皆様に恩返しができればと思っています。

ご挨拶のため、北は京丹後市、南は木津川市を含めて、府内各地の会員の皆様の事務所を訪問させていただきましたが、法曹人口に関することについて激励を受けることが多くありました。

弁護士会の抱えている問題は法曹人口問題だけではありませんので、それだけに注力するわけには参りませんし、1年の任期でできることは限られておりますが、精一杯がんばりますので、今後とも、よろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。