【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2015/12/20

2015年の弁護士一斉登録のデータからわかってきたこと

毎年12月中旬は、司法修習生の最終試験である二回試験の発表があり、この二回試験の合格発表と同時に、弁護士の一斉登録が行われます。
昔は、ほとんどの司法修習生が二回試験に合格していたということもあって、日弁連では、合格発表前に入会の申込を受けつけて、合格発表と同時に入会を認めて弁護士として登録するという処理が行われてきました。法科大学院制度が採用された時期に大量の不合格者が生じたときでも、この流れは基本的に維持されてきましたし、今後も、この処理が変更されることはなさそうですから、二回試験の合格発表が年末に行われる限り、弁護士の一斉登録も年末となるということが続くことになります。
今年は、京都弁護士会では21名が一斉登録となり、弁護士人口は724名となりました。昨年は一斉登録が16名でしたから、少し多くなりましたが、昨年度は1月登録が多かったのが、今年は少し少ないようですから、68期の入会者は昨年度とほぼ変わらない数となりそうです。
大きな変化が生じたのは滋賀で、今年の一斉登録者はなかったようです。また、奈良は1名だけです。和歌山が5名の一斉登録があったことからすると、滋賀と奈良での弁護士の新規入会がほぼなくなったということが、関西地域の弁護士人口の増加傾向の一つの特徴的出来事となったように思います。昨年の滋賀では、一斉登録時期でも、会員数に大きな差が生じませんでしたが、それは新入会員はいたけれども退会者もいたので、前後で人数が変わらなかったということのようですから、滋賀で一斉登録者がいなかったとのは、司法試験の合格者が700名ほどになってからは初めてのことではないかと推察しています。
少し気になったので、滋賀と同様にこの10年ほどで弁護士が急増した地域である佐賀がどうなったかと思って検索してみたところ、68期の弁護士はいないということになっていました。つまり、一斉登録した弁護士は佐賀でもいないということがわかりました。ひょっとして、人口過疎地を抱える弁護士会では弁護士が増えなくなってきているのかと思って、手当たり次第に検索してみたら、秋田と、高知、鳥取、島根も68期の弁護士はいないということがわかりました。他の人口過疎地を抱える単位会でも、一斉登録は1名だけというところもいくつかあるようです。つまり、人口過疎地域を抱えるところでは、弁護士人口の急増はほぼ停止したと言ってもよいことになったようです。
このような現象がなぜ生じるようになったのか、早急に各弁護士会で調査する必要があるように思います。
PS:弁護士過疎という言葉をまだみかけることがありますが、地方裁判所や家庭裁判所があるところで弁護士が身近にいない地域はなくなっていますから、国民に誤解を与える用語であると私は考えています。京都弁護士会では、弁護士偏在委員会というものはありますが、弁護士過疎対策委員会などという委員会は存在しません。このため、私は、人口過疎地を抱える地域という言葉を使っています。

2015/12/16

弁護士の廃業の増加に歯止めがかかりつつある?

自由と正義の2015年の1月から12月号に掲載された請求退会者の数は合計で358名に留まりました。昨年の合計が374名でしたから、弁護士の自主的廃業の増加が減少に転じる傾向が生じたことになります。
さらに、具体的な特徴を検討するに、6月号までの合計は、2015年が197名だったのに対して、2014年は182名ということでした。つまり、6月号までは廃業者の増加の傾向は留まる気配はなかったということになります。2015年の6月以降に、自主的廃業の増加傾向に歯止めがかかったということになるようです。
また、弁護士登録番号の1万から3万未満の方の退会者数は、2014年の合計が127名であったのに対して、2015年は86名ということでした。他方、登録番号が3万以上の方は、2014年が230名だったものが、2015年には260名となっています。要するに、中堅の方々の中で、自主的に廃業する方が増えていたものが、多少減少する傾向が生じたことで、全体としての廃業者の増加傾向に歯止めがかかったということになるようです。
これらの結果がなぜ生じているのかは、私にはよくわかりません。

2015/12/15

第69期の司法修習生の数

ブログの更新がやりにくい状況となっており、ブログの更新ができておりませんでした。久しぶりの情報提供となります。
第69期の司法修習生の配属数ですが、私が集計したところ、1,787名でした。司法試験の合格者数が、1,850名でしたから、単純計算すると、63名が司法修習の道を選ばなかったことになります(司法試験に合格していながら司法修習を控えていた人が、第69期の司法修習をすることを選択したというような場合もあるので、あくまでも単純計算ということになります。)。
昨年と比較すると、辞退率が高まっているように思います。昨年は、若干辞退率に改善がみられたはずですが、これは、司法試験の合格者数が1,800名とかなりの減少があったからだと思います。今年は合格者数が若干増えた中で辞退率が高まったということになるので、ますます司法修習の魅力が失われているのだなと実感するところがあります。
私が、少し気になっているのが、司法修習中に修習をやめる人が増えていないかということです。要するに学生でいう中退ですが、何名かおられて増えているのではないかと懸念するところがあります。これは、最初の配属数と二回試験の受験者数を比較すると、計算することができますが、資料にあたっている時間がないので、分析できていません。

2015/09/03

9月2日のシンポへのご参加ありがとうございます

9月2日午後6時より京都弁護士会館において、司法修習生への経済的支援について考えるシンポを開催しましたが、北は札幌から西は広島まで全国各地からご参加いただきまして、ありがとうございました。
河野さんのお話は相変わらずするどいものがあり、感心しましたし、釜井事務局長の情勢報告はわかりやすく、これから何をすればいいかよくわかりました。
急いで企画したシンポということもあり、周知不足で参加者が少ないのではないかと懸念していたのですが、お陰様で150名近くの人のご参加を得ることができました。特に実際に貸与制を経験した若い弁護士さん達の参加が多かったことはよかったと思います。みんなで声かけ運動をしてもらった成果だと思います。また、近弁連管内の全弁護士会から共催をいただいている中、滋賀弁護士会からは実際に中原会長にお越しいただき、ご挨拶もしていただきましたので、運動の広がりも感じることができました。ありがたいことだと思います。
また、この問題は、法改正を目指さなければならないため、政治家の方々にご理解いただくことが重要になりますところ、民主党、共産党の京都府議会、京都市議会の各議員の方々にご参加いただきました。残念ながらご出席いただけなかったものの、自民党の府議会、市議会の各議員団、公明党府会議員団からはご丁寧なメッセージをいただきました。大変ありがたいことだと思います。このブログでもお礼申し上げる次第です。
シンポ後の打ち上げでは、ビギナーズネットの方々とも楽しいお話をさせていただきました。最近は、修習生とですら接する機会が著しく減ってきているので、久しぶりに若い人とお話しする機会をいただいたことで、がんばらないといけないという気持ちが強くなり、元気がでました。
今後とも粘り強く活動を続けて参りたいと考えておりますので、皆様にもご協力の程、よろしくお願い申し上げます。